サンラーの楽天商品 | 赤ワインカヴァリエリーノの「在庫あり」ならコチラっ♪オーガニック

カヴァリエリーノのワインの中でもトスカーナのとてもめずらしいDOCサンラーです。また飲みたくさせるワインでした。もちろんカヴァリエリーノが安定感の高いビオワインの造り手であることはありますが!2009はボルドーもローヌも当たり年ですし!トスカーナもよかったようですね。

下記の商品です♪

2018年01月05日 ランキング上位商品↑

サンラー オーガニック カヴァリエリーノ 赤ワイン【よりどり6本で送料無料】[2009] サンラー (オーガニック) 750ml(カヴァリエリーノ) 赤ワイン【コク辛口】【ワイン】^FCICSLA9^

詳しくはこちら b y 楽 天

アルコール感も程よくタンニンもあり!五年の熟成度を感じますね。そもそもサンラーってDOCすら見ないでしょ?わざわざサンラーで造るこのワインのステキなこと。2006年のトスカーナは大当たり年ですから!とても美味しくいただきましたが!2009ヴィンテージもまけてない美味しさでした。それから、開いてからの合わせは脂の少ないビーフがいいかな。このワインはサンジョベーゼですが、グロッソ(プルニョーロジェンティーレ)でヴィノノブレディモンテプルチアーノを生産する作り手です。希少なワインでもありますね。薩摩黒豚もいいかな。コルクも最高ですからご家庭で寝かせて楽しむのもアリです。質のいいお肉でないと合わせられないです。他のワインも素敵ですよ。むしろヴィーノ・ノビーレをお安く飲めるくらいに捉えるべきかと思います。いいワインだけど、残りも少なくなってます。ジビエにもお勧めです。詳しくは前回のレビューをご覧ください。キアンティクラシコの上級と思ったらいいかしら。多分ヴェリタスさんだけの独占輸入じゃないかと思います。陶酔を誘う香りです。樽の香りがいいですね。安いワインですがいい食材でないとダメです。おすすめしますよ。かなり詳しく掲載しています。もう!何度もリピして何度もレビューしてますから!今さら言うこともないですけど!ちょっと付け加えるなら!デカンタするかボトルで呼吸させると30分くらいで開きます。その時々の旬な食材を合わせるべき、日本の風土にもよくマッチした、最高に素晴らしいワインです。以前の僕のブログを見てください。こちらのサンラーは5年の熟成を経て!素晴らしい熟れ方をしています。オーガニックですし、栽培も醸造もほぼ手作業だし、熟成にも丁寧。でも!新玉ねぎの味わいとワインのコンビネーションを優先して!一般的なトマト煮込みやデミソースを避けて!ピンクソルトとハーブと香味野菜で味付けしました。サンラーはDOCですけど、キアンティDOCGより質が高くて生産量も少ないです。肉そのものの味わいの濃いお肉がいいですね。予想どおりですが完璧なマッチングでした。イタリアワインがお好きならこのワイナリーの全てお勧めします。お魚とも相性いいので鮟鱇や鱈や牡蠣の鍋ものに合わせたり、博多地鶏の水炊きと合わせたり、冬場は冬なりの楽しみ方ができます。。カヴァリエリーノは多分ヴェリタスさんでしか扱ってないのでは?このワイナリーは知る人ぞ知る超がつくくらいな旨安ワイナリーなんですよ。ワイナリーの場所からして、サンジョベーゼと呼ばず、プルニョーロ・ジェンティーレという方が正しいのかもしれません。今夜はタスマニアビーフのサイコロステーキと合わせました。カヴァリエリーノのワインはどれも大好きなんですが!最近このサンラーを飲むことが多いですね。不透明な濃い色彩も、普通にサンジョベーゼを思うと失敗しそうですね。ヴィオロジックでたぶんノンフィルトレのヴィーノ・ノビーレがこのお値段なら買いですよ。。DOCなんですが、ほとんど知られていないので、裏のラベルの画像を添付しますね。合わせにはイベリコ豚のグレープフルーツソースのソテーを持ってきましたがよかったです。DOCはコッリ・デル・エトルリア・チェンティーレという、トスカーナ中央丘陵のもの。08ヴィンテージのトスカーナはパーカーポイント90の当り年ですし、コルクもすこぶるいいですから、寝かせて楽しむのもいいですね(*^◯^*)透明感あるガーネット色です。合わせはどちらもお肉がいいです。リピなんですが!こんなに美味しかったかと!あらためて思いました。お早めに。オーガニックにありがちな果実味も良い。ほんと!美味しいワインなんですよ。ちなみにコッリ・デル・レトルリア・チェントラーレDOCです。香りもエレガントだし!酸味とタンニンのバランスは絶妙です。ちょっと飲みやす過ぎる(フルボディではない)のですが!疲れているときにはちょうど良い。季節もいいのかもしれないですね。なかなか面白い味わいでした。。お値段的には安めなキアンティくらいですが、味わいはレベルが高いですね。合間につないだ京都のキムチは合いました。サンジョベーゼといっても、このワイナリーはモンテプルチャーノでヴィーノ・ノビレを生産していますので、単にサンジョベーゼとは言えませんね。全くのジャケ買い。リピ決定。あ、ワイナリーの話ばかりでした。ちなみにDOCコッリ・デル・エトルリア・チェンティーレです。前回はイベリコ豚と合わせてよかったので、その辺の豚肉と合わせてみたら、最悪でした。今夜はクリスマスイブなのでステーキでしたが!調理に苦戦するようなお肉でしたから!なおさら美味しく感じました。2006と2009を購入して飲み比べました。商品説明にもありますが!このサンラーというワインは!一口目からブラックベリー!バニラ!胡椒などのスパイスを感じながら!深くて強くてしなやかなコクを楽しめるワインです。こちらのワイナリー!カヴァリエリーノは!とても優良で注目されています。サンジョベーゼですから、お魚までいけますけど、味付けや食材には拘りたいです。この規格はキアンティのより広い区画のDOCなんですが!モンテプルチャーノに畑があるからでしょう。今日は和牛のいい部位の煮込み用のお肉を新玉ねぎと煮込みました。お馬さんのデザインがかわいい!とジャケットに目を留め、商品を見てみると三女ベーゼでオーガニックでとなんとなく私を誘っているような。今、急遽、フォワグラを解凍しています。申し分なしに脱帽。それほどこのワイナリーが!拘っているということです。和牛ならいい産地の肩ロースかモモ肉かな!!!ポークはマンガリッツァよりはイベリコとかアグーのほうがいいと思います。もう何度もレビューしましたので、詳細はやめときましょうね。アグーとかマンガリッツァ豚!鴨肉!兎!スッポンも合いそうですね。これも珍しいですよねー。加えて新鮮なイワシのマリネを新玉ねぎとワカメで作って合わせました。鴨は全般オッケーでしょう。いい食材なら合うように思います。